「自分で決めたことを破る事」が出来る人はお客様から信頼を得られるわけがない

今日は私がセミナーでたまにお話しすることを書きます。

自分で決めたことは自分で守らないで誰が守るの?
ということ。

例えばセミナ-や講演会に行く予定にしているとします。

友達に誘われたにしてもなんにしても「自分で決めたこと!!」ですよね?

そこに何かその予定よりも大事な事が入ったりする。
簡単にその前に決めた事をキャンセルする。

これは「自分で決めたことへの約束を破る事」になるのです。


少なからずとも「自分で決めたこと」ですよね?

これが自分との約束を守る。
ということなのです。

自分との約束守ってますか?

そこを貫けるようになって始めて信用、信頼というものに変わります。

お友達や、もしくは自分が参加者としての場合
自分の都合で予定をキャンセルする。
前もって決めていたものを「これはいいだろう・・・」という理由で。

「これはいいだろう・・・」に行こうと決めていたのは「自分」です。

結果自分を裏切ることでもあるのです。

その行くと決めた用事(セミナーや講演会、他のことでも)が大なり小なり


まあ、自分との約束を守れない人がお客様から信頼を得られるの?
そんな問いは無駄ですよね。

得られるわけがありません。
結果商売が上手くいくわけがありません。

全て決めていくのは「自分」です。
だとするとどんな小さなことでも決めているのは自分なのです。

約束を破るのも自分ということになります。


これはあくまでも私の考えです。

実は、結構自分でも約束を守れないことがあったのです^^;

でも、そこを改めることで明らかに変わっていった経験
そしてクライアントさん等をみていてそこを貫ける人は伸びています。


信頼や信用を得て始めて商売ですよね?

時間を守るということも自分との約束を守るということの1つでもあります。


思い当たればすぐに改善して行きましょう。
そんなことで商売は変わっていきますから(^^♪








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無料で宇宙の流れに乗る為の方法が分かります!!

プロフィール

都 章(みやこ あきら) 

Author:都 章(みやこ あきら) 
売上アップコンサルタントとして活動する傍ら「魂の道」に気が付き2010年から「メンタルケアセラピスト」「スピリチュアルヒーラー」として活動開始。
「目に見えない力」と「現実的な心の掛け違いを解く力」両方を駆使して数多くのセッション経験を積む。

国内とどまらず海外でも
2013年、2014年と海外で外国人相手のセッションを経験。
2014年にはハワイで講演をするという活動も。

海外でも活動の場を広げている。

有)フューチャープロデュース 代表取締役
日本メンタルエステ協会 副理事長
メンタルケアセラピスト
スピリチュアルヒーラー

アクセスカウンター

世界中を笑顔に!!多くの仲間を募集中!

Blooming! Blooming!

最新記事

検索フォーム

フリーエリア

Blooming!